レクサプロとロキソニンの飲み合わせは大丈夫?

レクサプロとロキソニンは一緒に服用しても大丈夫?

結論から言ってしまうと、レクサプロとロキソニンの組み合わせは余り推奨されない組み合わせです。なぜ、推奨されないのか、レクサプロとロキソニンがどういう薬かも併せて説明していきたいと思います。

 

レクサプロとロキソニンの組み合わせが推奨されない訳は?

 

世の中には様々な医薬品がありますが、飲み合わせを気にしなくてもいい薬はありません。しかし、その中でもレクサプロとロキソニンはそれほど飲み合わせはよくない薬だと言えるでしょう。それはどうしてなのか、その理由を考えていきたいと思います。

 

まず、飲み合わせが悪いパターンとしては、各薬品の効果・作用機序(薬が効き目を発揮するための仕組み)が同じというケースがほとんどです。

 

一番身近にある例としては、2種類の睡眠薬を同時に飲んでしまうという状況です。1日最大服用量が5mgの睡眠薬AとBがあったとしましょう。「名前の違う薬だし、効果を強くしたいか両方5mgずつ飲もう」と考えてしまっていいのでしょうか?これは睡眠薬Aを10mg飲んでしまうのとほとんど変わりません。2倍も飲んだということは副作用は2倍では済まないかもしれません。

 

そうなると、レクサプロとロキソニンの効果はかぶらないの? と思われる方もいるでしょう。もしも、効果が同じだったら、当然相性はよくありません。ここからは各薬品がどんな効果かと作用機序を確認していきましょう。

 

レクサプロの効果・作用機序


レクサプロはSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害剤)に分類される抗うつ薬です。

 

脳内でのセロトニンが減少すると何かをする意欲や行動する力が減少して「うつ」になってしまうことがあります。レクサプロは、セロトニン受容体に働きかけて分泌されたセロトニンが再び取り込まれるのを阻害、脳内のセロトニン濃度を上昇させます。これにより抗うつ効果を発揮します。

 

レクサプロは脳内のセロトニン濃度を上げることで抗うつ効果を得ます。

 

ロキソニンの効果・作用機序


ロキソニンは非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)に分類されます。

 

怪我をしてしまった患部では、痛みや炎症の原因となる物質「プロスタグランジン」が作られます。そうすると脳には「怪我をした場所が痛い」と情報伝達が行われます。ロキソニンは患部で「プロスタグランジン」の生成を抑えます。痛みの原因物質が少なくなりますので、痛みも軽減されることになります。

 

ロキソニンは痛みの原因となる箇所に干渉することで、痛みの原因物質を減らし痛みを抑えます。

 

 

 

レクサプロは脳内のセロトニン濃度を上昇させて抗うつ効果を得るロキソニンは怪我した患部で痛みの原因物質を減らす。このように双方の薬品は効果も作用機序もまったく違う物だということがわかると思います。

 

レクサプロとロキソニンはお互い効果に影響しない

ここまで解説してきたように、レクサプロとロキソニンは作用機序も効果も全く別物です。ここまででは飲み合わせが悪くなる要素はまったくありません。

 

しかし、薬の組み合わせによっては、作用機序も効果も無関係であっても、お互いに影響を与えてしまう組み合わせもあります。

 

AとBを併用するとAの効果が強くなる
AとBを併用するとAの効果が弱くなる

 

双方の効果が無関係であっても、それぞれの効果の強さを変えてしまう組み合わせがあるのです。ですが、レクサプロとロキソニンにはこういったことはありません。実際に服用されている方たちからも、こういったことがあったという報告はないようです。

 

レクサプロとロキソニンは併用リスクがない?

レクサプロとロキソニンの組み合わせは、効果がダブってしまったり相乗効果を起こしたりすることはありません。しかし、一点だけ気をつけておいた方がいいことがあります。

 

まず、ロキソニンは服用すると血液がさらさらになるという副作用があります。

 

そして、レクサプロには出血しやすくなるという副作用があります。

 

とはいえ、どちらの薬も治療効果が高いため、単独使用であれば副作用に関しては目をつぶる人がほとんどでしょう。

 

しかし、ロキソニンの副作用で血がサラサラになっているところへ、レクサプロの出血しやすくなるという副作用が重なるとどうなるでしょう。ちょっとした怪我でも大量出血してしまうことが考えられます。

 

これを避ける方法はないのでしょうか?

 

対策方法

 

この二つの薬品は「併用注意」に指定されている組み合わせなので、絶対併用禁止という訳ではありませんが、気になるならどちらかの薬を変更しましょう。。

 

しかし、レクサプロもロキソニンも治療目的で服用しているわけですから、気軽にどちらかをやめるわけにはいきません。ましてや、レクサプロは抗うつ薬ですから突然断薬したり、薬を切り替えるのにはかなりリスクがあります。

 

というわけで、鎮痛剤をロキソニンからアセトアミノフェン系の鎮痛剤に変更してみましょう。アセトアミノフェン系鎮痛剤には血液をサラサラにする副作用はありません。店員さんに「アセトアミノフェン系の鎮痛剤を下さい」とお願いしてしまえば手っ取り早いでしょう。

 

レクサプロとロキソニンを一緒に使ってもいいか病院で聞いてしまう


これまでで、レクサプロとロキソニンは、飲み合わせ自体のリスクはそこまで大きくないという説明をしました。ですが、薬は飲み方次第で健康になったり、逆に健康を損ねてしまう物です。頭では理解しても「本当に大丈夫なの?」という疑念は消せないかもしれません。ですが、これを放置しては無駄な心労が重なります。

 

ここまで気になっているなら一度病院で聞いてしまってもいいでしょう。かかりつけの医師に「一緒に使っても問題なし」と一度言ってもらえばその心配はなくなるでしょう。聞く場合は、今後に疑問が残らないように「レクサプロとロキソニンは併用しても平気ですか?」と直接的に聞いてしまいましょう。

 

レクサプロの詳細

レクサプロの概要について説明します。
レクサプロは2011年発売の抗うつ剤で、SSRIというタイプに分類されます。SSRIとは選択的セロトニン再取込阻害薬の略称です。
脳のセロトニンが少なくなることでうつ病や不安障害が起こるとされているため、そのセロトニンを増やしてやることが必要となるのです。SSRIを摂取することでセロトニンが分解されにくくなり、その結果その濃度が上がるというわけです。

 

SSRIの薬の中でも、レクサプロは効果の高さと安全性とのバランスが良く、世界的にも最も売れています。日本でも2011年の発売以降、多く使用されるようになりました。

 

抗うつ剤の場合、始めは少ない量から少しずつ増やしていくことになります。1週間ごとに増やしていくとして、たとえばジェイゾロフトの場合は治療用量に至るまでに4週間もかかることになりますが、レクサプロの場合は10mgから開始しますが、すでに治療用量に達しているのです。効果を早く実感できるというのもまた特徴の一つです。

 

ただし、ふらつきや眠気・性機能障害・体重増加などの副作用が生じる可能性はあります。とはいえ、SSRIの中でももっとも新しい薬であるがゆえに他の薬と比べると副作用は少なめです。

 
http://www.webtorvet.com/ http://www.martianmediainc.com/ http://mypenisstretchers.com/ http://canhoparkpremier.com/